Fusicってなんしようと?What is Fusic doing?

2017/02/24 【チーム紹介vol.4】基盤ユニット(技術開発部門)

Fusicには、技術開発部門と事業推進部門があり、
その中に、計7つのチームが存在しています。
※Fusicの組織についてはこちらをご覧ください。

今回は、その中の1つである、
技術開発部門のエンジニアチーム「基盤ユニット」についてご紹介いたします。

================================================

【チームメンバー】※順不同

<チームリーダー>
櫻川 幸三

<メンバー>
中野 龍一(東京オフィス在籍)、小山 健一郎貞方 毅イ ドヒョン濱野 泰明

※中野は東京オフィス勤務のため上記写真には写っていません。



基盤ユニットは、受託開発はもちろん、自社サービスから新規サービスまで
幅広く対応しています。
(メンバー曰く「経営・バックオフィス以外なんでもします!」とのこと)

システム開発におけるメイン言語はPHPで、
フレームワークとしてCakePHP2やCakePHP3を使用しています。
しかし、上記の言語以外でも、その時々のプロジェクトに最適な言語を選択し、コーディングすることも多々あります。
(メンバー曰く「必要に応じてなんでも使います!」とのこと)




また、基盤ユニットメンバーの一人である中野は東京オフィスに在籍しています。
そのため、東京のお客様と密に関わることができます。
福岡-東京間のチーム内共有もテレビ会議で頻繁に行っています。




基盤ユニットのメンバーの強みは、ひとことで言うと「技術力の高さ」です。
当社エンジニアの上位職位であるテックリードが2名所属しており、
またテックリード以外のエンジニアも知識や経験が豊富なメンバーが揃っています。

メンバー全員が技術志向100%であり、技術そのものを楽しんでいます。




メンバーの特性から基盤ユニットには、
「社内外問わず、情報発信をしまくり、会社の技術力向上に貢献する」というミッションがあります。

ミッションを達成するために、基盤ユニットが掲げたコンセプトが
「チーム内から、社内、そして社外へ技術を伝播する」です。

チームの強みである高い技術力を生かして、チームメンバー自身の技術力向上は当たり前とし、
チームで得た技術を全て社内へ展開することで社内の開発力の底上げを行うというのが、
基盤ユニットの目標の一つです。

また、社内に展開した技術を社外にも展開することで、チームとして社外で有名になることも目指しています。
そのため、社外の勉強会やカンファレンスなどのイベントにも積極的に参加しています。
会場でメンバーをお見掛けいただいた際は、ぜひお声掛けください!




さらに、チームメンバー全員がテックリードになることを目標としています。
2016年新卒入社の濱野も新規サービスの立ち上げに関わるなど、日々技術を磨いています。




個性的なメンバーが多く、一部からメンバーが怖いとの声も上がっていたため、
一時はチーム名を「うさぎちゃん(怖くないよという意味を込めて)」にしようとした逸話もあります(笑)
しかし、 “社内の技術基盤になる”という目標に向かっていくため、
結果として、「基盤ユニット」というチーム名になりました。

ちなみにFusicでは、基盤ユニットメンバーのように「とにかく技術が大好きだ!」
というメンバーを募集しています!
当社に興味を持っていただいた方は、ぜひご連絡ください!

※Fusicの新卒採用については詳しくはこちら
 Fusicの中途採用について、詳しくはこちらをご覧ください。

今後も、個性が光る技術者集団、基盤ユニットメンバーの活動に、ぜひご期待ください!