MENU

WHAT IS FUSIC DOING?Fusicってなんしようと?

永進(ヨンジン)専門大学の学生のみなさまに来社いただきました

2016.09.09

オフィス訪問

昨年(2015年9月8日)に引き続き、今年(2016年8月29日)も
韓国の永進(ヨンジン)専門大学の学生のみなさまにご来社いただきました。
人数も非常に多く、昨年を超える56人もの学生のみなさまと交流することができました。




永進(ヨンジン)専門大学では、日本で働くことを目的としたクラスがあり、
そのクラスでは、1ヶ月間福岡に来て、日本語の勉強や日本の文化について
学ぶ研修があります。

その研修の中で、「昨年訪問したFusicにぜひ今年も行きたい」というリクエストがあったため、
研修の一環として、今年も当社にご来社いただくことになりました。




永進(ヨンジン)専門大学卒業生の弊社エンジニア チョ ジョンミンが司会・進行をつとめ、
まずは弊社代表取締役社長 納富 貞嘉から
Fusicの会社概要や日本のIT業界についてお話させていただきました。
後ほど学生さんに話を聞いたところ、
「常に新しいことにチャレンジをしているFusicにものすごく関心を持ちました」との
お声もいただけました。




引き続き、弊社エンジニアのイ ドヒョンジョン ジェユン南部 晃史
プレゼンテーションを行いました。

イも永進(ヨンジン)専門大学卒業生です。
プレゼンテーションでは、「業務を行う際に重要な項目」についてお話させていただきました。
途中途中に笑い声も上がり、非常に盛り上がっていました。




新卒のジョンのプレゼンテーションでは、
「学生時代にできる限り多くの経験を積みましょう!」というタイトルでお話させていただきました。
新卒ということもあり、学生と近い目線でお話できたので、学生のみなさまも熱心に聴いていました。




南部のプレゼンテーションでは、
「Fusicが価値を感じるもの」というタイトルでお話させていただきました。
韓国語であいさつした際に、学生のみなさまから「お~っ!」という
賞讃のお声をいただくことができました(笑)
内容についても、多くの学生さんから質問が出ていました。




プレゼンテーション全体に対して、学生さんの質問が非常に活発で、
日本で働くことに対しての情熱を強く感じました。




プレゼンテーション後は、当社のオフィスの中をご案内し、実際に働いている風景をご覧いただきました。




最後は交流会を開きました。




交流会は、会議室だけではなく、オフィス内の畳スペースやミーティングテーブルでも行い、
Fusicのオフィスを隅々まで堪能していただきました。




とても賑やかな雰囲気でイベントは終了。
永進(ヨンジン)専門大学の学生さんも、楽しんでいただけたようです。

今後も、Fusicは国内外の学生に「Fusicで働いてみたい」と思っていただけるような
取り組みを行っていくとともに、Fusicのことをもっと知ってもらうべく、
様々な情報を発信していきます。

ご来社いただいた永進(ヨンジン)専門大学のみなさま、本当にありがとうございました。