Fusicってなんしようと?What is Fusic doing?

2017/03/03 インターンレポート「エンジニアコース 5days」2/20(月)~2/24(金)#高浪、川野レポ

2017年2月20日(月)~2017年2月24日(金)の期間、
Fusicでは、エンジニアを目指す学生を対象に、短期のインターンシッププログラムを開催しました。

上記プログラムには、熊本大学大学院自然科学研究科の高浪 蓮さんと川野 達郎さんにご参加いただきました。

以下、参加したお二人のレポートです。

================================================

こんにちは!
熊本大学大学院自然科学研究科1年の高浪 蓮(写真左)と、川野 達郎(写真中)です!
この度、株式会社Fusicにて、5日間のエンジニア短期インターンシップに参加させていただきました。




今回のインターンシップでは、事前に作りたいWebサービスのアイデアを5つほど用意しました。
インターンシップ初日に、何をどういった目的で作りたいのかなどをチューターの濱野さんと話し合い、
結果、出てきたアイデアの中から1つを選び、2人で共同開発することになりました。




私たちが、今回の短期インターンシップで開発したサービスは、
「1つの目標を達成することを支援する時計」です。

私たちは、多くの人に時間という貴重な資源を有効に使ってほしいという思いから
このサービスを作ることに決めました。

「半年後にベンチプレスを100kg上げるようになる」「3ヶ月後にTOEICで800点を取る」など、
大きな目標を立て、たくさんの時間を費やしたにも関わらず挫折してしまった、ということは
多くの人が経験していることだと思います。
しかし、目標を諦めるということは、それまでに費やした貴重な時間を無駄にすることにもつながります。
そこで、定めた目標を達成するためには、どのような機能があればいいのかということを考えながら
サービス概要を決めていきました。

実装した機能については以下の通りです。
・ユーザー登録・ログイン
・目標・期日・モチベーションの登録
・目標達成の期日に対するカウントダウン(残り何日何時間何分何秒まで表示)
・LINEで毎日通知
・過去に達成・挫折した目標の一覧表示
・ユーザーデータから平均寿命を算出し、予測される死亡日に対するカウントダウン




私たち2人のプログラミング経験は、授業で少し触ったことがあるという程度でした。
そのため、インターンシップ期間中は分からないことばかりでしたので、
Webサービスの基本的な概念や開発環境の構築方法、コードの記述方法などについて
多くのエンジニアの方々に教えていただきながら、サービス完成に向けて5日間尽力しました。






最終日夕方の成果発表までに、サービスをなんとか形にすることはできましたが、
自分たちが望む仕様を全て満たすことができなかったことが心残りです。
しかし、サービスを1から考えて形にするという、実践経験を積むことができたので
技術的にも学ぶことが多く、良い経験になりました。





【インターンシップ参加後の高浪さんの感想】

今回インターンシップに参加させていただきましたが、もともとのプログラミングスキルは
授業で少し学んだ程度でした。
さらに、今まで学んだことのないCakePHPを使うことになり、始めは何もわからない状態でした。
その中で、必死に試行錯誤を繰り返して1つのものを作り上げる過程はとても楽しかったです。
チューターとしてサポートしていただいた濱野さんをはじめ、Fusicの方々には技術的なことだけでなく、
社会人としてのあり方、考え方などたくさんのことを教えていただき、
本当に良い経験をさせていただきました。本当にありがとうございました!


【インターンシップ参加後の川野さんの感想】

この度、エンジニアとしてインターンシップに参加させていただきましたが、高浪君と同じく
私もプログラミングは授業で少し学んだ程度でした。
今回初めて使う言語もあったため、初日は、この5日間でWebサービスを完成させることは
非常に難しいんじゃないかと感じていましたが、自分たちが考えた仕様を徐々にクリアしていく過程は
とても楽しいものでした。
チューターの濱野さんを始め、Fusicの方々には、お忙しい中何度も質問を繰り返しましたが、
その度に解りやすく教えていただきました。また、仕事に対する考え方や将来の目標などについても
お聞きすることができ、多くの勉強をさせていただきました。
この5日間は大変充実したインターンシップでした!Fusicのみなさま、本当にありがとうございました!