Fusicってなんしようと?What is Fusic doing?

2018/02/01 イベントレポート「AWS Deep Night in 福岡」#清家レポ

2017年1月16 日(火)、福岡に拠点を置くAWSパートナー企業3社のエンジニアが
日頃の業務で得たAWSについてのノウハウや事例、やってみたことを紹介する
AWSパートナーならではのディープでテックなセッション
その名も「AWS Deep Night in 福岡」を開催しました。

以下、イベントに参加した弊社清家 史郎のレポートです。

================================================

みなさん、AWS使ってますか?
昨年11月に「AWS re:Invent 2017」に参加させていただき、
以前にもましてAWSを使っています!清家です!

今回はアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社様、クラスメソッド株式会社様、
株式会社ハウインターナショナル様と共催した「AWS Deep Night in 福岡」の様子をご紹介します。




今回の参加対象者は以下のとおりでした。
・AWS中級者~上級者
・AWSの知識や技術についてさらに深めたい方
・AWSを愛し、AWSに愛されている方。もしくはAWSに愛されたい方

AWSを愛し、AWSに愛されている(?)私も今回参加させていただきましたが、
なかなか濃い内容でとても充実した時間でした。




乾杯スタートでしたので、まずはプシっと気持ち良い音とともに、
クラスメソッド株式会社 AWS事業部 部長 佐々木大輔さんの乾杯の挨拶。
やっぱり乾杯スタートは最高です。




まずは、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 
パートナーソリューションアーキテクト 山口 弘樹さんの発表
「Machine Learning 最新アップデート」です。

re:Invent 2017にて発表されたMachine Learning系のアップデートの解説でした。
AWSのサービスを利用すればInput Outputを制御することでMachine Learningを利用した
サービス開発が可能になります。
WEBエンジニアだから…と言ってMachine Learningのサービスを作れない時代は
終わりつつあると身を引き締める思いで聞いていました。
個人的に期待しているVUI(Voice User Interface)系サービスも早く日本語化されないか、
期待に胸を膨らませております。




次は弊社サービスmockmockのプロダクトオーナー 毛利 啓太による
「5000台の仮想デバイスからAWS IoTにデータをガンガン送り付ける!
IoTのテスト用仮想デバイス作成サービスmockmockの舞台裏」です。

このサービスはコンセプト自体が非常におもしろいのですが、
その裏側の技術も先進的なアーキテクチャが採用されており、
エンジニアとして非常に興味深い構成になっています。
今回はそのアーキテクチャについて説明が行われ、ご参加いただいたみなさまにも
非常に楽しめる内容になったのではないかと思います。




次は株式会社ハウインターナショナル 奥村 潤さんの
「AWSだけで出来る(たぶん)一番早く構築するセキュアな環境(仮)」です。

もはやWEBにおける必須要件になりつつあるhttps化を
非常にシンプルに構築する方法をご紹介いただきました。
「AWS Certificate Manager」を利用すれば簡単に対応できるので、
AWSを利用している方はすぐ使ってhttps化してしまいましょう!




最後に、クラスメソッド株式会社 ソリューションアーキテクト 濱田孝治さんの
「CloudFrontで始めるお手軽簡単CDN。
〜あなたのWebサイトも月○○円で爆速化できちゃうかも?〜」です。

個人的に好きなサービスの一つであるCloudFront。
なぜCloudFrontを使うのか?をわかりやすく、かつ詳しく解説されていました。
普段から利用していますが、それでも個人的に目から鱗の内容もあり、非常にタメになりました。




各人の発表が終わった後にそれぞれ共催した会社の説明を行ないました。
まずは私が無難なFusicの紹介を行なった後に、
ハウインターナショナル様のなんとも愉快な紹介がありました。
最後のクラスメソッド様も「ハウインターナショナルさんをトリにすればよかった…」
というなんとも言えないやり辛さを感じているようでした(笑)
言葉では言い表せないので、ぜひハウインターナショナル様の発表があるイベントにご参加ください。




その後は、そのまま懇親会へ。
AWS関連の話で、会話に花が咲いていました。
たまたまこの日にFusicに入社した新川 拓也
AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイトを取得していることもあり
Fusicらしさを発揮してみなさんと前のめりで話しているようでした。





懇親会で盛り上がったので、その後は希望者+共催者で二次会まで行きました!
二次会では九州の料理が食べられるお店に。
(主催者側に数名、九州外からお越しいただいた方がいらっしゃったので)

福岡以外の九州料理もあり、私たちも含めて食べ物の話題で終始盛り上がってしまいました!




主催者側にいながら、おもいっきり楽しんでしまいすみません(笑)
今後も定期的にAWS関連のイベントを行ないますので、ぜひFusicに足をお運びください!