Fusicってなんしようと?What is Fusic doing?

2018/08/28 イベントレポート「第1回 Fusic Family Day」#納富レポ

2018年8月24日(金)、Fusic初の試みであるFamily Dayを開催しました。

当日の様子を弊社代表取締役社長 納富 貞嘉が紹介いたします。


================================================


広報から、「言い出しっぺなんだから書きなさい!」という有り難きご指名をいただきましたので、

納富が初レポートいたします。


そもそも、この企画を思い立ったのは、7月末。
他社での実施例などを聞き、Fusicでもやってみようかな、と。
私自身も小さい頃に、休日ではあったものの父の職場に行き、「父ちゃんは毎日、ここで仕事してんのかー」
と漠然と思ったことを覚えています。

Fusicのメンバーが、イキイキと働けるのも家族の支えがあってこそ。
そしてメンバーの働く活力の源泉でもある家族。
できることなら、その家族のみなさんに、
「どんな場所で、どんな人たちと、どんな仕事をしているのか」を知ってほしい。

もちろん、その結果として、Fusicで働いていることを誇らしく思ってくれるなら、
こんなに嬉しいことはありません。

8月頭に社員にこの企画をアナウンスしたところ、
良好な反応とともに、協力してくれる社員が何人か手を上げてくれました。

企画を詰めて、メンバーに家族の参加を呼びかけたところ、
メンバーの奥さん、旦那さん、お子さん、兄妹などなど、総勢40名近くのご家族が参加してくれることに。
(今回はいなかったけど、ご両親なんかももちろんOK!)



【当日の様子】

朝9時に集まっていただき、冒頭の挨拶、そして、今日一日Fusicのメンバーとして働いてもらうために、
一人一人に名刺を授与。




その後、いつものように社内の掃除や、チームMTを実施。




9時半からは、副社長の浜崎より会社の説明を、そして私から「なんで働くんだろう?」なんてことを、
なるべく分かりやすい言葉で…
とはいえ対象が小学校高学年から小学生未満もいて、なかなか難しかった…。




その後は、エンジニアや営業、バックオフィス、サポートのメンバーから仕事の内容を平易に伝えました。
子どもたちは、それぞれ興味の範囲は違うようで、いろいろな仕事をイメージできたのではないかと思います。




お昼は、クックチャムさんやピザクックさんなどにお願いして、お総菜とピザなどを注文。
宴会のようにシートの上に広げて、ワイワイと!




午後は、1時間ほどかけて、それぞれお仕事体験をしてもらいました。
CMSでホームページを作るエンジニア体験や、仕様書からお客さんの要望を理解してレイアウトする仕事、
資料を綺麗に作る仕事、小さいお子さんを対象にしたパソコンを使った塗り絵。
どの子どもたちも一生懸命に取り組んでくれました。集中力も素晴らしかった!






【感想】

やってみた感想としては、本当にやってよかった!
やる前は、どうなることやらと思っていましたが、来てくれた子どもたちや家族のイキイキとした笑顔を見て、
あらためてやってよかったと感じました。

企画に参加してくれた社員の多大な協力、そして直接的には関わらなかったメンバーも盛り上げてくれたし、
騒がしい状況に嫌な顔一つせず、協力してくれました。
短い期間での準備だったにもかかわらず、高いクオリティと手作り感満載な
Fusicらしいイベントになったと思います。

うちの子どもたちにも、当初の目的だった
「父がどんな場所で、どんな人たちと働いているのか、そしてどんな仕事をして世の中の役に立っているのか」
を伝える事ができたと思います。もちろん、誇らしく思ってくれたはず!

おそらくは、メンバー・家族にとってもそうであったことを願いつつ、
最初のレポートを締めたいと思います。

ぜひ、来年もやりましょう!!