Fusicってなんしようと?What is Fusic doing?

2019/07/18 福岡市立玄界小学校のみなさまに来社いただきました#安武レポ

こんにちは。事業推進部門の安武です。

今回は、弊社の取り組みの一つである「小学生の企業訪問」についてご紹介します。

安武の初レポとなります!頑張ります!



この企業訪問は、一般社団法人 福岡中小企業経営者協会様が中心となり企画されたものです。

子どもたちが日頃なかなか目にすることのできない「オフィス」や「大人の働く姿」を実際に見学したり、

社員と交流したりすることで、自分たちの暮らしとの繋がりや実現したいことを見つけてもらうことが目的です。


今回、社内実行委員で決めたテーマは、「可能性無限大の子どもたちにもっとたくさんの夢を!」。

未来を想像するだけでワクワクしてしまう、

そんな想いをお土産に持って帰ってもらえるような会にしようと準備を進めました。



2019年7月3日(水)、福岡市立玄界小学校

5~6年生のみなさま(生徒4名、先生4名)が元気いっぱいに到着!


まずは、お互いの自己紹介からスタート!

緊張しているだろうなぁ、急に自己紹介お願いしてできるかなぁ、

といろいろ心配していたのですが…いざ始まると…

なんとっ! 

感動するほど素晴らしいご挨拶!

子どもたちの自己紹介タイムは拍手の嵐でした。





自己紹介が終わった後は、弊社篠原より、
「ITってどんなもの?Fusicってどんなお仕事しているの?」
というお話をさせていただきました。
想像以上に子どもたちの中でITがしっかりと認識されており、
今の子どもたちは本当に、可能性無限大だなぁとあらためて実感しました。




続いては、実際に働いているところを見に行ってみよう!ということで2グループに分けて、社内見学へ。
社員のコーディング風景や、立って作業できるスペース、
集中ルーム、畳スペースなどFusicならではの設備をご紹介。
2画面を使って、文字だけが入力されている真っ黒な画面が、
実際にどんな風に動いていくのかを見せてもらうと、とても興味津々に画面をのぞき込んでいました。




そして、最後はワークショップの時間!
みんなの「好き」が、世の中のどんなお仕事に結びついているのかを一緒に考えてみよう!というもの。

まずは、自分の「好きなもの・得意なこと」を発表してもらうところから。
みんな恥ずかしそうにしながらも、前に出ると堂々と発表してくれていました。




続いて、発表した「好きなもの・得意なこと」につながるお仕事は何があるか、
みんなに手をあげてもらいます。

実は、準備の段階では、
「子どもたちからアイデアがでなかったらどうしよう」と
心配していろいろ考えていたのですが、

「スタートっ!」と開始した瞬間、
「はいっ!」と一斉に手が上がり、
次から次へと!出てくる出てくる!

例えば、「ゲーム」とお題が出れば、
「ゲームを作る人、キャラクターを考える人、ゲームのPRをする人、
ゲームを紹介するYouTuber、ゲームのストーリーを考える人、ゲーム会社を作る人…」と、
ストップがかかるまでアイデアが尽きることはありませんでした。




一番多くアイデアを出せた男の子には、
「先生に何でも一つお願いができる!」というご褒美がプレゼントされ、
その場で先生にお願いごとをすることに。
かなり現実的なお願いで(笑)、生徒会長とも相談していましたが
学校で実際どうなったのか気になるところです♪

↓真剣に現実的なお願いをする優勝者!




最後は、パソコンを使って自分の向いているお仕事を検索してみることに。
小学校の思い出をもとに質問に答えていくと、自分の向いている仕事分野が出てくるといったもの。
みんな一生懸命マウスを使いながら質問に答えてくれていました。




子どもたちの後は、先生方にも質問に答えてもらいました。
先生たちの小学生の頃の思い出話に、
子どもたちは自分たちの時よりも盛り上がり、
「え?先生ってそうだったの(笑)」
「あ、僕と一緒だ♪」
と嬉しそうに先生たちの結果を見て回っていました。
玄界小学校の先生と生徒の関係が本当に素敵でした。
その日の夜、甥っ子に玄界小学校への転入を勧めたくらいです(笑)




ラストは、先生の声掛けで全員前に整列っ!
「10秒で今日のお礼を考えてね」と、先生からお達しがあると
子どもたちは各々考え始め、順番が来ると堂々と感想とお礼を伝えてくれました。

「可能性無限大の子どもたちにもっとたくさんの夢を!」と始めた企画でしたが、
最後は、笑顔が素敵な素晴らしい玄界小学校の子どもたちに、
私たちの方が明るい未来をみせてもらった一日となりました。

ご来社いただきました玄界小学校のみなさま、本当にありがとうございました!
私たちは、いつも、みんなの夢を全力で応援しています!Good Luck!