MENU

WHAT IS FUSIC DOING?Fusicってなんしようと?

インターンレポート「マーケティングコース 5days」2/22 (月)~2/26(金) #城戸さんレポ

2016.02.26

インターンレポート

2016年2月22日(月)~2月26日(金)の5日間、
Fusicでは、マーケティング部門で働くことを目指す学生を対象に、
マーケティング、広報について実践をとおして学ぶ
インターンシッププログラムを開催しました。

上記プログラムには、2名の学生のみなさんにご参加いただきました。

以下、インターンシップに参加した城戸貴宏さんのレポートです。

======================================

こんにちは、
北九州市立大学経済学部3年の城戸貴宏です。
この度、株式会社Fusicのインターンシップ「マーケティングコース」に参加しました。




今回のインターンシップでは、5日間をとおして
Fusicの自社サービスである360度評価支援システムの売上向上を目的とした、
マーケティング戦略について取り組みました。

実際にFusicが展開しているサービスのマーケティング戦略ということで、
普段の学生生活では触れることのできないことを経験することが出来ました。
インターンシップ用に準備されているコンテンツとは違い、
正解がない中で、何が最善なのかを意識した5日間でした。

限られた時間の中で、今取り組んでいることの目的は何か、
そのために何をするのかを常に明確にして、行動しなければならないということを
今回のインターンシップをとおして痛感しました。




5日間をとおしてとても印象に残っているのは、
Fusicの横田さんからいただいた“考えることをやめてはいけない”という言葉です。
自分たちが得た情報が、実際自分たちが感じていたことと結びつかない時があり、
半ば無理矢理あてはめていたところ、そのような言葉をいただきました。
既存の枠組みに当てはめるだけでなく、状況に応じて自分で定義する。
それが論理的であれば迷う必要はないと感じました。




また、発表の中では準備の段階で感じていた、
“なぜこのような結論に至ったのか”を伝えることの難しさ、重要性を再認識しました。
提案をよりよいものとするためには、聞き手の状態や立ち位置、
背景とどれだけリンクさせるかが鍵であると感じました。




この5日間とても濃い時間を過ごすことができ、本当に参加してよかったと思いました!
今回得た学びや経験を今後の人生に取り込んでいきたいと思います。

株式会社Fusicのみなさん、本当にありがとうございました!