Fusicってなんしようと?What is Fusic doing?

2016/03/04 【チーム紹介 番外編】役員のご紹介

Fusicには、技術開発部門、マーケティング部門、総務部門があり、
その中に、計6つのチームが存在しています。

今まで、各チームのご紹介をしてまいりましたが、
役員のご紹介をしていないことに気づいたため、
あらためてではありますが、こちら、ご紹介させていただきます。

================================================

【Fusic 役員】
納富 貞嘉浜崎 陽一郎




役員2名は、言わずもがなではありますが、
Fusicの会社経営全般に対する活動を行っております。

わたしたちFusicの社員は、お世話になっているみなさまから、
「納富、浜崎は普段何をやっているの?」とお声がけいただくことがよくありますので、
2名の役割について、以下簡単にご紹介いたします。


2007年頃の納富。今も若いですが、当時はもっと若いですね。


納富の役割
 - 担当事業:主に自社サービス
 - 担当地域:主に東京、台湾
 - 他担当領域:採用、中間層教育
 - 強み:リーダーシップ、愛嬌
 - 弱み:最近、深酒をすると記憶がなくなる



こちらも2007年頃の浜崎。お肌がピチピチですね。


浜崎の役割
 - 担当事業:主に受託開発
 - 担当地域:主に東京以外の日本、香港
 - 他担当領域:AWS統括、新規事業統括
 - 強み:事業推進力、関西弁
 - 弱み:何かと突っ込まずにいられない 



納富と浜崎は2002年、九州大学大学院時代に創業し(会社設立は2003年)、
おかげさまで、Fusicも現在13期目を迎えております。

2名の役割が明確であり、かつ互いに担当領域を任せ合っているからこそ、
13年間、Fusicという組織が存続し、
かつ、わたしたち社員も仕事に取り組みやすい環境が生まれています。


「日本を代表する福岡の企業になる」というFusicのビジョン実現に向けて、
役員2名をはじめ、Fusic一同、精一杯尽力してまいります。
みなさま、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。