お知らせNEWS

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • mockmockの仮想デバイスからSORACOMプラットフォームへ疑似データが送信できる「SORACOM連携機能」を提供開始

2019/07/02mockmockの仮想デバイスからSORACOMプラットフォームへ疑似データが送信できる「SORACOM連携機能」を提供開始

株式会社Fusic(本社:福岡市中央区、代表取締役社長 納富貞嘉https://fusic.co.jp)は、IoTテスト用仮想デバイス作成サービス「mockmock」にて仮想デバイスからSORACOMプラットフォームに擬似データを送信できる新機能「SORACOM連携機能」を2019年7月2日より提供開始いたします。

「mockmock」は、IoT開発を加速する開発支援サービスです。クラウド上に仮想デバイス(mock)を作成し、ユーザーが開発しているサーバーに対して疑似データを生成・送信します。mockmockが提供する仮想デバイスは、瞬時に動作や台数を変更できるため、欲しいデータを、欲しいタイミングで、欲しい量だけ受け取ることができます。これにより、サーバーアプリケーションの動作確認や負荷検証が、実デバイスなしで手軽に実施できるようになります。結果として、IoT開発におけるPoC(概念実証)の迅速化、開発効率の向上や不具合の減少、安定運用が見込めます。

このたび「mockmock」は、新たに「SORACOM連携機能」をリリースしました。


「SORACOM連携」機能概要

SORACOMの登場により、IoTシステムの開発手法は大きな進歩を遂げました。しかし、機能テストや負荷検証においてはまだ数多くの課題が残されていました。特にSORACOM BeamSORACOM Funnelといったサービスを利用したIoTシステムではSORACOM Airを経由しなければクラウド側にデータを送信することができません。
これまではこちらのブログ(デバイス実機が無くても SORACOM Beam や Funnel を用いたクラウド側の開発を進めていく方法)のような方法が用いられてきましたが、大量デバイスでの機能テストや負荷検証のためにはAir SIMをセットしたデバイスを大量に用意する必要がありました。
IoTシステムが一般的になり、多くのプロダクトが出てきた今となっては、従来の少数の実機に頼ったテストだけでは開発スピードや品質を保つことが困難になってきています。
このようなニーズを受け、ソラコム社と連携し、mockmockの仮想デバイスからSORACOMプラットフォームに擬似データを送信することができる「SORACOM連携機能」を開発、リリースしました。
これにより、いままで実現が難しかったSORACOMを使用したIoTシステムの機能テストから負荷検証までを簡単に行うことができます。


また、mockmockアドバンスドオプション「DataRecorder」と組み合わせることでIoTシステム開発のベストプラクティスが導入可能となりました。デバイス側とクラウド側の開発を並列化し、それぞれのスケジュールや問題に影響されることなく、費用や工数を抑えたスムーズな開発を行うことができます。


新機能をご利用いただいたパートナー様からのエンドースメント


株式会社ソラコム


この度のFusic様のIoTテスト用仮想デバイス作成サービス「mockmock」のSORACOM対応を心より歓迎します。
IoTプラットフォームSORACOMでは、セルラーやLPWAの通信と回線管理、クラウド連携や認証管理、セキュリティ強化などデバイスが得たデータをお客様のシステムに連携するためのサービスを提供しています。
多くのIoTプロジェクトが将来的なユーザー増を前提としていますが、将来増える予定のデバイスを実際につないだ負荷検証やデータシミュレーションは実施が困難です。「mockmock」は、仮想的にデバイスを作り、実デバイスなし、必要な規模のデバイスをつないだ想定で負荷検証や動作検証を手軽に実施できるサービスです。
「mockmock」とSORACOMプラットフォームの組み合わせが、お客様のIoTシステム開発のスピードと効率を向上させ、IoTのPoCプロジェクトの成功と、安定運用を必要とする大規模ユースケース創出を力強くサポートできると確信しています。

株式会社ソラコム 代表取締役社長 玉川 憲 様


アクロクエストテクノロジー株式会社

弊社は IoT 特化型のデータ分析プラットフォーム「Torrentio」(トレンティオ)を提供しています。
Torrentioも、SORACOM Funnel との連携が可能になっており、IoTデバイスからセキュアにデータ収集をすることが可能です。今回の mockmock「SORACOM連携機能」により、これまでは、実際のデバイスとSIMがないと検証しにくかった通信処理の確認も、サーバー側の設定を変更することなく、mockmockによる疑似データ送信の設定、および、SORACOMサービスの設定により、確認できるようになります。これにより、一般的なIoT通信である、RESTやMQTTを利用した方式だけでなく、SORACOMのサービスを最初から活用した構成で、簡単に導入や検証ができるようになると感じております。
ウェブサイト https://www.site.torrentio.tech/torrentio/

Torrentio は IoT サービスやプロダクト構築のリーンスタートアップのサイクルを実現します。リアルタイムにセンサーデータを可視化・分析し、即座に事業アイデアにフィードバックをかけ、短期間でサービスの構築・ビジネスの成長を達成することができます。

アクロクエストテクノロジー株式会社 最高執行責任者 鈴木 貴典 様


SORACOM連携機能の詳細

提供開始日
2019年7月2日


利用料金

基本料金として新たにプラン「cs」を追加いたしました。 
https://console.mock-mock.com/pricing/price/calculation
※ 51台以上の仮想デバイスをご利用の場合、別途アドバンスドオプションをお申し込みいただく必要があります。
アドバンスドオプション「SORACOM Unlimited」についてはこちら


IoTシステム開発のベストプラクティス


  1. 開発序盤
    【デバイス】Air SIMにてデータ送信し、mockmock DataRecorder(以下、DR)にて実デバイスからのデータを蓄積、可視化、デバッグ
    【サーバー】DRに蓄積したリアルデータを元に「SORACOM連携機能」を使ってサーバーにデータ送信し、開発
  2. 開発中盤
    【デバイス】SORACOM Unified Endpointにてサーバーへデータ送信し、結合テスト
    【サーバー】DRでのリアルデータに加え、データテンプレートなどで様々なパターンのデータを送信し、開発
  3. 開発終盤
    【デバイス】DRでのデータ可視化とサーバーへのデータ送信での結合テストにて開発
    【サーバー】いままでのテストパターンを利用した機能テストと負荷検証
  4. 運用後
    ・新機能の事前動作確認
    ・不具合の再現検証

ウェブサイト

SORACOMにデータを送る

mockmock基本料金

アドバンスドオプション「SORACOM Unlimited」