Fusicってなんしようと?What is Fusic doing?

2018/09/19 東義(ドンイ)大学校の学生のみなさまにご来社いただきました #ジュスンレポ

2018年8月29日(水)、韓国の東義(ドンイ)大学校の学生のみなさまにご来社いただきました。


今回は、弊社の韓国人社員4名(イ ドヒョンジョン ジェユンイ ジュスンチェ ジホ)にて

Fusicの会社紹介や各自の担当業務をお話させていただきました。


日本語が分からない学生さんもいたので、韓国語での案内版も準備しました。





ジョンが司会進行を務めます!
まずはFusic社員の自己紹介の時間。




次に、ドヒョン→ジョン→ジュスンの順で会社概要や、
今取り組んでいる仕事などのプレゼンテーションを行いました。

ドヒョンは「Fusicについて」というタイトルでお話させていただきました。
ドヒョンは、過去、別の韓国の大学生が訪問した際も
会社紹介などのプレゼンテーションを経験していたので、
「韓国語でFusicを紹介する」ことに関しては、ベテラン級のスキルを有しています(笑)
今回のプレゼンでも何度も会場に笑いが起こっていました。すごい! 




ジョンのプレゼンテーションでは、
「担当業務や、受託開発、業務で求められる能力」 についてお話させていただきました。




そして私(ジュスン)のプレゼンテーションでも
同じく担当業務や、現在携わっている自社サービス「360度評価支援システム」について
お話させていただきました。

みんな久しぶりの韓国語でのプレゼンテーションだったので、
緊張してしまい、逆に母国語である韓国語がうまく出てこないという状態に陥りました(笑)

それでも、学生のみなさんから積極的に参加していただいたので、
とても楽しい雰囲気でプレゼンテーションを進めることができました。




そして、プレゼンテーション全体に対してのQ&A時間では、学生さんからの質問が非常に活発でした。
その中では、会社や業務内容はもちろん、日本での生活についてなど、様々な質問があり、
学生さんの情熱を強く感じることができました。
学生さんにとっても、自分たちにとっても、有意義な時間を過ごすことができたと思います!






最後は、社内見学!
人数が多かったため、見学は2チームに分けて行いました。




特に弊社自慢の畳スペースには、非常に興味を持っていただけました!




最後まで良い雰囲気で、会社訪問は終了。
短い時間でしたが、学生のみなさまにもFusicのことをわかっていただけたのではないかと思います!

あらためて、ご来社いただいた東義(ドンイ)大学校のみなさま、本当にありがとうございました。