MENU

WORKS実績

顧客名 国立大学法人九州大学

AWS Direct Connect を用いたサイトのAWS移行

  • クラウドインフラ(AWS/公共機関)
  • 既存システム移行
  • 課金代行

セールスポイント

  1. 1

    ハードウェアの管理・更新といった運用負荷の削減を実現

  2. 2

    合格発表などの一時的なアクセス増に対応するなど、柔軟なリソース提供を実現

  3. 3

    SINETと接続し、学内ファイヤーウォールを経由した上で固有グローバルIPを利用できる環境を構築

お客様の課題

九州大学様では、オンプレミスで本サイトおよび各学部サイトの運営をしておりましたが、設置スペースや電気代を含む、ハードウェアの調達・管理・更新における、管理コストや運用負荷の増加が課題となっていました。

ご提案内容

上記を受けてAWS上に各サイトのサーバを構築するということをご提案し、結果、ハードウェアの管理・更新といった運用負荷の削減に成功しました。九州大学様ネットワークとAWSをSINETと AWS DirectConnect で接続することで、学内のファイヤーウォールを経由、九州大学様保有のグローバルIPを利用し、ハイブリッドクラウドなホスティングを実現しています。また、グローバルIPの有効活用のため、VPCピアリングを利用するなどAWSの機能を活かしたネットワーク設計が特徴です。

導入効果

設置スペースや電気代を含む、ハードウェアの管理・更新における管理コストや運用負荷の削減に貢献するとともに、入学試験の合格発表時など、高負荷が想定される場合には一時的にサーバを増加させる等、クラウドのメリットである柔軟なリソース提供を活かせています。