MENU

WHAT IS FUSIC DOING?Fusicってなんしようと?

出張レポート「フィールドリサーチ in 韓国」#横田レポ

2016.03.03

出張レポート

2016年2月17日(水)から2016年2月19日(金)にかけて、
Fusicの今後のさらなるグローバル展開に向けたリサーチを目的とし、
弊社横田 宏大チョ ジョンミンが韓国に出張いたしました。

以下、横田のレポートです。

======================================

アンニョンハセヨ、Fusic横田です。
韓国に行ってきました。




今回の出張の目的は、Fusicの今後のさらなるグローバル展開に向けて、
韓国市場をリサーチすることでした。

現状、Fusicにとって、韓国市場は未開拓のマーケットなのですが、
社内に韓国籍のエンジニアが3名在籍していることもあり、
韓国市場を今後の重要戦略拠点として捉え、リサーチするに至りました。



ジョン ジェユン(写真左)、チョ ジョンミン(同中)、イ ドヒョン(同右)


具体的には、今回、以下の切り口にてリサーチしました。
・韓国におけるAmazon Web Services(以下AWS)の動向
・韓国におけるWEBシステムの受託開発の実態
・韓国におけるITトレンドの動向

上記にあたり、以下を訪問しました。


ヨンジン専門大学
(チョ ジョンミンとイ ドヒョンの母校)




「日本で働く」ということに関して、簡単なプレゼンもさせていただきました。




AWS Korea
カンナム地区にある、GSタワーという立派なオフィスビルです。




yello mobile




yello mobileオフィス内にある、素敵なバーカウンター。圧巻です。
本物のバーみたい、いや、本物以上かもしれません。




上記を訪問し、ヒアリングを重ねる中で、
「Fusicが韓国市場で、AWSやWEBシステム受託開発において
 ビジネス展開をする余地は十二分にある」
ということが見えてきました。
(詳細はすみません、まだオフレコです)


韓国市場進出に関して、次のアクションは5月。
Fusicにとって大きなチャレンジをします。

またご報告させていただきますので、楽しみにしていただけると幸いです!

最後に、今回のフィールドリサーチにあたり、
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。