Fusicってなんしようと?What is Fusic doing?

2018/03/09 イベントレポート「技術交流会 with SST」#古賀レポ

2018年2月13日(火)、またまた株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(以下SST)様と

技術交流会を開催いたしました!


以下、技術交流会に参加した弊社古賀 祥造のレポートです。


================================================


こんにちは。Fusic古賀です。
突然ですが、みなさん最近「技術交流」をしていますか?

FusicではSST様と技術交流会を2017年の6月に初めて開催し、今回で3回目を迎えました。
その時の様子をお伝えします! 
※以前のSST様との技術交流会はこちらをご覧ください。


【場所】

今回はSST様のオフィスにお邪魔させていただきました!
オフィスに入った瞬間からとてもおしゃれ!
「あれ?カフェに来たのかな?」と思ってしまうような、心地よい空間でした。

オフィスの詳細はSST様のオフィス紹介記事をご覧ください!


【今回のテーマ】

今回の交流会は、技術交流はもちろんのこと、
エンジニア以外の営業・広報部門の方にもご参加いただき、両社の親睦を深める狙いもありました。


【交流開始】

というわけで、まずは乾杯から。
まだ若干のぎこちなさがあります。




お酒を飲みながら歓談していると
なんと!SST様が牡蠣をご用意してくださいました! 




大きくて味が濃くて、まさに海のミルク!(あれ、これ食レポだっけ?(笑))
とってもおいしかったです!ありがとうございました!




牡蠣の力もあり、打ち解けてきたところで、両社の発表の時間がスタート。

まずはSST 前平さんの発表です。
SST様が提供しているサービスのお話を交え、交流会のみならず、
お互い実務でのサポートもしていけたらいいよねというお話でした。
「両社で新人研修みたいなのもやってみたい」といった話もあがったので、
ぜひ僕が新人のうちに実現してもらいたいです!




続いてはSST 羽鶴さんの発表です。
業務の中で、実際にどのような攻撃が観測されているのか、事例をお話いただきました。
内容に関してはオフレコなのでここには書けませんが、とてもリアルで興味深いものでした。




最後は、Fusic 嶋生が自社サービスである「360度評価支援システム」の
改善プロジェクトに関する発表を行いました。
メンバーを開発と運用にどうアサインしたか、会社としてどのようにリソースを確保したか、
どのようにタスクを管理したかなど、改善プロジェクトでの取り組みを紹介しました。
「迷ったらやってみようの勇気」。いい言葉ですね。




どの発表も興味深く、とてもおもしろかったです!発表者の方々、ありがとうございました!

発表後は、再びざっくばらんに交流タイム。
最近技術的に興味があることを議論したり、マーケティングの方ともお話して
「エンジニアってそういう悩みもあるんだね!」とお互いの認識が深まったりと、
非常に有意義な時間を過ごせました!




そして最後に恒例の記念撮影で終了です!




非常に楽しい会でした!SST様、会場のご準備等、ありがとうございました!
今後ともいろんなテーマで技術交流を深めていけたらなと考えておりますので、
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!